MENU

なぜワクチンが必要か?

母親からもらった免疫が減少してくると、子猫が伝染病にかかる危険性が高まります。
伝染病は大切な愛猫の命さえもおびやかす恐ろしい病気です。
この恐ろしい伝染病から守るためにワクチン接種をしましょう。

ワクチンで予防できる病気(3種・6種)

猫汎白血球減少症

食欲、元気消失、発熱、嘔吐、下痢、血便などの症状で死亡率の高い病気です。

猫ウイルス性鼻気管炎

風邪によく似たくしゃみ、鼻水、軽度の発熱などの他、角膜炎や結膜炎が見られ、重病になると死亡することもあります。

猫カリシウイルス感染症

風邪によく似たくしゃみ、鼻水、軽度の発熱など口腔内に潰瘍、水疱が出来るのが特徴で、稀に急性結膜炎、鼻炎、発熱の他、関節と筋肉の痛みからうまく歩けないようになることもあります。
重症になると死亡することもあります。

猫白血病ウイルス感染症

唾液中にウイルスが多く含まれ、グルーミングやケンカなどで感染。感染初期に発熱や元気消失などの一過性の症状が見られますが、 すぐに回復し、その後数ヶ月~数年を経て発症。
著しい免疫力の低下、貧血、白血病腫瘍など、様々な病気を引き起こします。発症すると、多くは死に至ります。

ノミ、ダニ予防

ノミアレルギー性皮膚炎、貧血、かゆみなどを引き起こします。
月に1回程度の予防をしてあげましょう。

Copyright 2019 © サカベ犬猫病院 All Rights Reserved